野元の博(ひろし)

看護師 求人 足立区
過飲過食、体重過量、運動不足、遺伝、肉体的なストレス、老化など様々な因子が揃うと、インスリン分泌が減少したり、働きが落ちたりして2型糖尿病ICD-10:E11)を発症するといわれています。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの研究結果により、ワクチンの予防接種効果が見込まれるのは、ワクチン接種を受けた2週間後からおよそ5カ月位だろうと言われています。
体脂肪率(percent of body fat )」というのは、体内における脂肪の付いているパーセンテージを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という計算式によって算出することができます。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了してから約30日後には、製薬市場のおよそ割が後発医薬品に切り替わるという薬もあるというくらい、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国で浸透しているという現実があります。
結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌を持っている人が咳き込むことによって外気の中に散布され、空中でフワフワと浮遊しているのを今度は他の人が呼吸の際に吸い込むことによって感染していきます。
下腹の疼痛がみられる病気の代表格として、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の疾患等が挙げられるでしょう。
体脂肪の量には変動が見られないのに、体重だけが飲食や排尿などで短時間で増減する際、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減った方は体脂肪率が上がります。
ヒトの耳の内部構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分けられますが、この中耳に様々な細菌やウィルスなどが付き、発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる病を中耳炎と称しています。
くも膜下出血(SAH)とは90%近くが脳動脈瘤と呼ばれる脳の血管の不必要な瘤(こぶ)が破裂して出血してしまうことによりなる大変恐ろしい病気として認識されるようになりました。
高血圧(hypertension)が長い間継続すると、体中の血管に強いダメージがかかり、全身至る所のありとあらゆる場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を誘引する見込が拡大します。
「時間に追われているように忙しい」「無駄な様々な人間関係がすごく嫌だ」「あらゆる技術やインフォメーションの高度な進化に追いつくのが大変」など、ストレスを感じてしまう状況は一人一人異なります。
体を動かすのに必要なエネルギーの源として瞬時に働く糖分、細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、度の過ぎた痩身ではこのように活動を確保するために欠かせない重要な栄養分までも欠乏させている。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)を有する血液や精液の他、母乳、腟分泌液、唾液等の体液が、交渉相手等の粘膜や傷口に触れた場合、感染の危険性があるのです。
通常ならば骨折はしない位のごく弱い力でも、骨の同じ所に複数回繰り返し休みなく力が加わることにより、骨折へとつながることがあるので注意が必要です。
黴菌やウィルスなど病気を齎す微生物(病原体)が呼吸とともに肺に入り込んで発病してしまい、肺全体が炎症反応を示したことを「肺炎」と称しているのです。